19世紀初めに桐簞笥の生産が始まります。東北産の良質の桐を使い、柾目を生かす製材、木釘と組接ぎ、やしゃぶし着色、ろうみがきなど伝統の技法を駆使して作られているのが加茂桐簞笥。桐材の特質を生かした総桐簞笥を生産しています。

Read More